スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


モンスターペアレンツ対策、弁護士・医師も支援(読売新聞)

 理不尽な要求を繰り返す「モンスターペアレンツ」と呼ばれる保護者らに高校の教育現場が苦慮している問題で、兵庫県教委は4月、教育関係者と弁護士、精神科医の3人による「問題解決サポートチーム」を創設する。

 こじれる前に関係者から話を聞き、専門知識を生かして早期解決を図る。同様の制度は全国的にも珍しいという。

 県教委によると、県立高で保護者らの対応に苦慮した事例は、調査開始の2006年度は13校16件。08年度は24校28件に増えた。学校側が電話などで対応した回数は、06年度が1件につき平均5・6回だったのに対し、08年度は8・9回と、解決への負担も増加傾向だ。

 授業中に教諭から厳しくしかられ、成績が伸び悩んだとして、親から「進級を保証しろ」と言われたり、喫煙現場を目撃された生徒の親が「言いがかりだ」とかばったりした事例もあった。深夜でも保護者に呼び出されることもあり、体調を崩して休職に追い込まれた教諭もいるという。

 チームは、学校現場で生徒指導の経験が豊富な教職員OBらから選んだ1人を県教委に配置。必要に応じて弁護士や精神科医とともに学校に赴き、教員や関係する保護者、地域の人の話を聞いて解決策を探る。また「学校側が取り合ってくれない」などと言う保護者や住民の相談にも応じる。

 新年度当初予算案に306万円を計上しており、県教委は「問題を公平に見る『第三者』の視点で解決してもらい、教員の負担を減らして学校運営をスムーズにしたい」としている。

インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(4)核抑止議論に“政治主導”の壁(産経新聞)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
<アカデミー賞>助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん(毎日新聞)
自民・石破氏、選択的夫婦別姓に反対(産経新聞)

<萩原朔太郎>マンドリン曲がCDに 音楽家への思いが結晶(毎日新聞)

 詩人の萩原朔太郎(1886〜1942年)が作ったマンドリン曲「A WEAVING GIRL(機織る乙女)」が初めてCDに録音され、この曲をメーンにしたCDが今秋に発売される予定だ。詩作の一方でマンドリンに打ち込み、音楽家を夢見ていた朔太郎の思いが結晶した曲は注目されそうだ。

 朔太郎が初詩集「月に吠(ほ)える」(1917年刊行)を出す前に、前橋の実家で作曲したとみられる。自身が主宰のマンドリンクラブなどで演奏していたが、その後は忘れられていた。

 制作を企画したキングレコードの宮山幸久プロデューサーが、前橋文学館に保存されていたオリジナル楽譜を探し当てた。朔太郎は題字や署名、アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)など、すべてアルファベットで書いていた。

 宮山さんはマンドリン奏者の高柳未来(みき)さんに演奏を依頼。イ長調で約4分の曲はリアルさと幻想性を兼ね備え、機の糸が切れたり、糸が紡ぎ直されたりする様子を細かに表現している。

 高柳さんは「リズムと間が素晴らしく、弾くうちに乗ってくる」、宮山さんは「奇妙な和音もあるが、それが『月に吠える』の感覚を思い出させる」と話す。同文学館の須川武則館長は「朔太郎の多面性が分かる」と喜んでいる。【梅津時比古】

H氏賞に中国出身・田原さん「石の記憶」(読売新聞)
総理大臣賞に金沢・東浅川小=マイタウンマップ・コンクール(時事通信)
東大のトルコ人助教、論文盗用で博士号取り消し(読売新聞)
<上申書保険金殺人>元ブローカーの無期懲役確定へ(毎日新聞)
「子会社の方が高給」=独法への天下り精査−行政刷新相(時事通信)

津波「避難」対象者、実際に避難は6・2%(読売新聞)

 大津波警報が発令された青森、岩手、宮城3県の36市町村のうち、「避難勧告」にとどめた青森県大間町と東通村を除く34市町村が、より強く避難を促す「避難指示」を出した。

 17年ぶりの大津波警報にもかかわらず、「避難率」は低く、検証が求められる。

 「津波警報で避難勧告」「大津波警報で避難指示」という基準を設けていた自治体が多い。しかし、読売新聞の調べによると、36市町村の34万人のうち、行政が実際に避難所などで確認できたのは、6・2%にあたる2万1000人。自宅にとどまった人のほかに、日曜日ということもあって、買い物やレジャーなどで沿岸部を離れた人も少なくないとみられている。

 1万4966人に避難指示を出した岩手県釜石市でも、避難が確認されたのは950人と、6・3%にとどまった。昨年3月の津波を想定した避難訓練では、住民2000人が参加したが、今回はその半分以下だった。市が目指す「避難対象者の2〜3割」という目標を大きく下回った。

 市は避難率が低い状況を「警報の発令から津波の到達までが長く、住民がテレビなどで得た情報で自己判断したためではないか」と分析する。

 市内の食堂従業員の女性(58)は避難の呼びかけは聞こえたが、そのまま職場にとどまった。女性は「ここは堤防が高いし、避難所が近くで、すぐに逃げられる。この辺りは50年前のチリ地震津波の時も大丈夫だった」と話した。

 一方、同市大渡町自主防災会の荻野哲郎会長(67)は「経験で津波の怖さは十分に知っている。今回は時間の余裕があったので、訓練通りに避難できた」と振り返った。同市の担当者も「避難は最終的には住民の自己判断。行政側は、避難を促すような情報を提供していくしかない」と話す。

 室崎益輝・関西学院大教授(都市防災工学)の話「避難勧告・指示に従わなかった人が多数いた可能性があるのは大きな問題で、なぜ従わなかったのか調査すべきだ。勧告や指示を伝達する地方自治体が町内会などを通してきめ細かに住民へ伝えたか、防災無線を流すだけだったかなどで住民の反応に違いが出たかもしれない。数十センチの津波でも場合によっては流される危険性があり、津波の恐ろしさを理解させるような教育が必要だ」

チリ大地震 気象庁擁護論「過少予測の方が問題」(産経新聞)
ひき逃げ死亡容疑で会社員逮捕=「燃料ランプに気を取られた」−警視庁(時事通信)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
長男遺棄容疑で男逮捕、自宅に妻と義母の遺体(読売新聞)
自殺 対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)

企業団体献金禁止で首相、今国会での法改正に意欲 五輪選手支援「積極的に検討」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日午前の参院予算委員会で、企業・団体献金の禁止のための与野党協議機関の設置について「政治不信を払拭(ふっしょく)させる大変重要な手だてとなる」と意義を強調した。その上で首相は「(協議機関で)積極的に議論を進め、できるだけこの通常国会で結論を見いだしてほしい」と述べ、今国会での政治資金規正法改正に意欲を示した。

 その一方で、首相や小沢一郎民主党幹事長、北海道教職員組合の「政治とカネ」をめぐる問題を念頭に「それぞれの問題で説明責任を果たしていくのは言うまでもない」と述べた。与野党協議機関については首相が2日、小沢氏に設置を各党に呼びかけるよう指示している。

 このほか首相は、チリ大地震に関し、安否が確認されていなかった残り1人の在留邦人の無事を確認したことを明らかにした。五輪選手の支援策については「オリンピックは日本人として誇りをもつことができる瞬間なので、何ができるか真剣に積極的に検討したい」と述べた。

【関連記事】
首相 橋本聖子氏らと会談 スポーツ強化に意欲
鳩山首相、五輪選手の強化策「国として強化すべき」
進まぬ世代交代 競技人口減少の悪循環
スピードスケート 中堅、若手中心に ソチ五輪の強化指定選手
レベルアップする世界 対策打てない日本
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

引きずり死初公判 被告、殺意を否認 大阪地裁 「車止めていれば」謝罪 (産経新聞)
同乗者3人、不起訴で検討=運転手は起訴へ、名古屋ひき逃げ−地検(時事通信)
<大津波・津波警報>東京都・南鳥島で10センチの津波観測(毎日新聞)
<大津波警報>鳩山首相「情報収集、被害最小限に」と指示 官邸対策室設置(毎日新聞)
<警察庁>美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(毎日新聞)

着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町(産経新聞)

 28日午前、大津波警報が発令された地域内にある岩手県山田町では、消防団が緊急招集され、役場がサイレンを鳴らして警戒を呼びかけるなど、緊迫感が高まっている。同町大沢でカキなどの養殖をしている佐々木俊之さん(53)に、現地の様子などを聞いた。

 −−今(午前9時半ごろ)はどんな準備をしているのか

 「まだ(津波)到達まで時間があるので、浜辺に置いてある資材を作業小屋に運んだり、デスク型のパソコンなど大事なものを作業小屋の2階に移したりしている。小屋が流されれば仕方ないが、パソコンには通信販売の大事なデータが入っており、何とか守りたい」

 −−避難はどうするのか

 「徒歩10分の高台にある『ふるさとセンター』に行くことになっている。こちらの作業が終わったら、家族と着のみ着のままで避難する」

 −−船はどうするのか

 「人手のある漁業者は(船が打ち上げられないように)沖合に出てやり過ごすことになるが、うちは難しいかもしれない。漁協の人たちとも相談する。カキなどのイカダが山田湾内にあるが、そこまで手が回らない」

 −−今、周辺のようすは

 「大津波警報の発令直後、サイレンが激しく響いた。皆さん、防潮堤(約4メートル)の陸側に車などを移している。わが家も含め、民家もそれぞれ避難の準備をしている段階。消防団も招集され、今もポンプ車が前の道路を通過した。防潮堤の門扉を閉めるそうだ」

【関連記事】
予想される津波、高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域一覧
大津波、高さ2メートルで木造家屋全面破壊
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示
岩手県で対策本部、千葉も担当職員1300人出勤
青森〜宮城に大津波警報、太平洋沿岸全域に津波警報 気象庁発表

<野党>民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判(毎日新聞)
「俺時計」、果たして「美人時計」超えるか?(産経新聞)
<窃盗団>資産家狙い、被害1億円超か 福岡県警など逮捕(毎日新聞)
津波警報を注意報に、東京湾から三重までなど(読売新聞)
長妻厚労相と社保審委員らが異例の意見交換(医療介護CBニュース)

<08年水害>被害額は1660億円(毎日新聞)

 国土交通省は26日、08年の水害被害額をまとめた。7〜8月、金沢市の浅野川がはんらんし、愛知県岡崎市で1時間雨量が観測史上1位を更新するなど局地的な豪雨が頻発したが、台風が8年ぶりに上陸しなかったため、被害額は約1660億円と99年以降では最少となった。

 まとめによると、家屋や農作物などの被害が約1018億円、堤防や道路などの公共土木施設の被害が約606億円。死傷者は94人、建物被害は3万8418棟だった。被害額が多いのは愛知約495億円、富山約158億円、石川約118億円など。うち、岡崎市約228億円、金沢市約111億円で、市町村別の被害額上位10位のうち八つを東海北陸地方が占めた。

【関連ニュース】
警報・注意報:気象庁、5月27日から市区町村単位で発表
2030年の日本、被害年1兆円増--14機関共同研究
台風9号 各地で大きな被害
山口豪雨:土砂災害で被害相次ぐ
クローズアップ2009:梅雨前線、日本列島に停滞 「異常」招く気圧の谷(2/4ページ)

行政刷新副大臣に蓮舫氏浮上=法改正後のポスト増見据え(時事通信)
<非常上告>赤切符誤交付 確定判決取り消し求める 検察(毎日新聞)
血痕が点々1キロ…容疑者宅特定し退院後逮捕(読売新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
高速道無料化 海外では 渋滞回避が大原則/混雑課金導入も(産経新聞)

雑記帳 「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)

 巨大な鏡餅を持ち上げた時間を競う「餅上げ力奉納」が23日、京都市伏見区の醍醐寺であり、大阪府守口市の大森久美子さん(33)が新記録で女子の部を初制覇した。

 無病息災を祈る「五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)」の行事で男性の鏡餅は150キロ、女性は90キロ。4回目出場の大森さんは昨年生まれたばかりの最高記録を5秒上回る8分41秒を出した。

 優勝賞品は紅白の鏡餅の上段。参拝客からバンクーバー冬季五輪を思わせる熱い声援を受けた大森さんは「私にとっては金メダル」と直径45センチの赤い餅を携えてニッコリ。【成田有佳】

【関連ニュース】
新春餅つき:5カ国の留学生24人参加 福岡の西南学院大
雑記帳:日本一大きな鏡餅…千葉・九十九里の海岸
熱田神宮:400キロの鏡餅を奉納
食中毒:餅つき会で園児ら154人 東京・杉並
第238回 「もちのショウガ焼き」

政調復活せず、政策会議活性化へ=副長官、副幹事長が一致−民主(時事通信)
あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で−自民(時事通信)
「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文(読売新聞)
男性が線路1キロ走る 電車に遅れ 大阪(産経新聞)
JR西幹部と接触の委員、再任せず 国交省(産経新聞)

囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム(産経新聞)

 囲碁の山下敬吾棋聖に張栩(ちょうう)十段が挑戦していた第34期棋聖戦七番勝負の第5局は、25日午前9時から静岡県伊豆市の「玉樟園新井」で行われ、26日午後4時19分、247手までで白番の張が1目半勝ちした。この結果、張は対戦成績を4勝1敗として初の棋聖位を獲得した。

 昨年、七大タイトル戦史上初の五冠(十段・名人・天元・王座・碁聖)となった張十段はその後、名人を井山裕太八段、天元を山下敬吾棋聖(いずれも当時)に相次いで奪われ、三冠に後退していたが、今回、唯一獲得経験のなかった棋聖を手にしたことで、七大タイトルすべてを制覇するグランドスラムを達成した。これは趙治勲二十五世本因坊に次ぐ史上2人目の快挙。

 張新棋聖は昭和55年、台湾生まれ。林海峰名誉天元門下。平成6年に入段し、15年に九段に昇段した。獲得タイトルは十段1期をはじめ名人4期など合計31。

【関連記事】
張栩十段vs山下敬吾棋聖 「第48期十段戦五番勝負」3月4日開幕
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇
故・藤沢名誉棋聖の孫、史上最年少11歳でプロ棋士に
第34期棋聖戦七番勝負第3局、張が3連勝
囲碁 謝依旻が女流棋聖を奪取、3冠独占「夢のような結果」

<わいせつ>取調室で被害女性に行為の疑い、警部補を逮捕(毎日新聞)
年金改革、来週にも検討会=「根源的な議論必要」−菅副総理(時事通信)
小沢氏の「けじめ」必要=証人喚問も応じるべき−渡部氏(時事通信)
<世論調査>国会不信、若者の7割超す 総務省外郭団体(毎日新聞)
「高速増殖炉開発は重要」原子力機構・柳澤氏が関西プレスクラブで講演(産経新聞)

北教組資金、民主・小林氏陣営側が違法性を認識(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に、北海道教職員組合(北教組)側から計1600万円の違法な選挙資金が流れていたとされる問題で、小林氏陣営側が提供された資金の違法性を認識していたことが17日、関係者への取材でわかった。

 資金は小林氏の選対事務所の経費に充てていたが、札幌地検は、こうした資金の使途が、北教組から小林氏個人への献金にあたる可能性があると見て、政治資金規正法違反容疑で調べている。

 1600万円は、小林氏が代表を務める民主党北海道第5区総支部の事務担当者で、小林氏の選対事務所の実質的な会計責任者だった男性(46)からの依頼で、選対委員長だった北教組の委員長らが提供した。

 男性は読売新聞の取材に対し、資金を受領した当時の認識について、「表に出してはいけないお金と思った。収支報告書には意図的に載せるのをやめた」と、違法な資金だったとみていたことを明らかにした。

<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
「社長、そのうち代える」=トランス社元顧問が取引先に−黒木容疑者の意向か(時事通信)
<雪>関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)
ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず−金融相(時事通信)

<真鍋かをりさん>所属事務所を提訴 脱税査察「信用に傷」(毎日新聞)

 タレントの真鍋かをりさんが、脱税事件で査察(強制調査)を受けるなど屈辱的な思いをしたとして、以前所属していた芸能事務所「アバンギャルド」(現・市エステートコーポレーション、東京都目黒区)と現在所属の「アヴィラ」(港区)を相手取り、専属契約がないことの確認などを求め東京地裁に提訴していたことが分かった。真鍋さんは「社会的信用を傷つけられた」と主張している。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
注目CM紹介:清史郎くんが着物姿の可愛い弁士に 眞鍋かをりと共演 日立テレビ「Wooo」
眞鍋かをり:「若く見せたかった」バッサリショートヘアに 「ケアベア」ジャパンベア世界初公開
眞鍋かをり:移籍トラブル?「風邪」で仕事欠席
なべおさみ:騒動から19年…「もうひと花」

14隻にも長時間の空白=羅臼漁協、違法操業を隠ぺいか−国後島沖銃撃・北海道調査(時事通信)
<中学3年>6割が塾通い…保護者の85%「教育費が負担」(毎日新聞)
ツシマヤマネコに楽園を、保護団体が山林購入(読売新聞)
鳩山首相連発「米に依存…」 同盟協議、波紋 深化どころか不信増幅(産経新聞)
【お財布術】「確定申告」編 退職や副業…還付も(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
情報商材
出会いランキング
携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
借金整理
selected entries
archives
recent comment
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    AtoZ (08/27)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    豚村 (06/12)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    ジェームズ (05/12)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    カドルト (01/09)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    道隆 (01/05)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    まろまゆ (12/22)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    パイン (12/10)
  • 「はやぶさ」地球帰還 “イトカワの砂”に期待(産経新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM